【最新】ジェモレメディ、アロマテラピー、薬草ハーブのフランス⾃然療法専⾨店│ランジュビオ

ランジュビオ
会員登録で500円割引

会員登録で 500 円分クーポンプレゼント♪

カテゴリーから探す

自分に合った商品を探す

インフォーメーション・記事

その他

【バイオフォース】有機エキナセア ティンクチャ― Echinacea purpurea (体力と免疫力UPに) 50ml 【A.VOGEL - Echinaforce Extrait de Plante Fraiche, 50ml】
【バイオフォース】有機エキナセア ティンクチャ― Echinacea purpurea (体力と免疫力UPに) 50ml 【A.VOGEL - Echinaforce Extrait de Plante Fraiche, 50ml】
【バイオフォース】有機エキナセア ティンクチャ― Echinacea purpurea (体力と免疫力UPに) 50ml 【A.VOGEL - Echinaforce Extrait de Plante Fraiche, 50ml】

A.Vogelハーブティンクチャー

【バイオフォース】有機エキナセア ティンクチャ― Echinacea purpurea (体力と免疫力UPに) 50ml 【A.VOGEL - Echinaforce Extrait de Plante Fraiche, 50ml】

3,500(税込)

35ポイント獲得!

数量
システム商品コード
000000002488
独自商品コード
VG-ech-50
製造元
バイオフォース
特殊表示
重量:150g
送料について
12,500円以上は全国送料無料!

この商品についてのレビュー
レビューを書く

レビューはまだありません

免疫力アップ、風邪やインフルエンザの予防にエキナセア!

【このような症状に】
 ◆ 免疫強化
 ◆ 疲労 体力減退
 ◆ 膀胱炎
 ◆ 発汗
 ◆ アレルギー
 ◆ アトピー性皮膚炎
 ◆ 花粉症

 ◆ 風邪、インフルエンザ

  
 

【ご使用方法】

◆予防として:
(大人)1日1~2回、20滴を水またはお茶等に希釈して飲みます。
(12歳以下のお子様)1日1~2回、10滴を水またはお茶等に希釈して飲みます。(4歳~12歳)

◆症状になってしまったときのサポートとして:
(大人)1日3~5回、20~30滴
(12歳以下のお子様)1日2~4回、10滴

※最大推奨日用量100滴)= エキナセア抽出物(根部分)の活性成分62.5mlに相当します。
 

【ご使用上の注意】

・推奨用量を超えないようにしてください
・お子様の手の届かないところに保管してください。
・熱湿気直射日光から離し、乾燥した涼しい保管してください

妊娠中・授乳中の方、キク科アレルギーのある方はご使用をお控えください。
自己免疫疾患の方、免疫抑制剤を服用している方の使用は主治医にご相談ください。
 

【成分について】

水 - アルコール*エキナセア(ムラサキバレンギク)抽出
アルコール:65体積%。
*新鮮なオーガニック植物


フランス語:Echinacéa Extrait de plante fraîche



 

【ティンクチャーとは】

ティンクチャー(Tincture)は、ハーブチンキとしても知られ、ヨーロッパではメディカルハーバリスト(薬草学者)によってに何世紀も使用されてきた伝統的手法でハーブをアルコール水溶液に漬け、その有効成分を抽出したものを内服するハーブ治療薬です。
 
通常の薬草より保存が長く利き、浸剤などでは抽出されない植物成分が含まれるため、成分の薬効が期待できます。
また、ハーブティーの代わりに、お茶やお湯に数mlの濃縮されたティンククチャーを加えて飲むという簡単な摂取方法が人気の理由です。
 
 
  1. 【バイオフォースのVogelブランドについて】
  2. Vogelは1923年に自然療法士、栄養士の研究者アルフレッド·フォーゲル氏によって設立されたバイオフォース社の伝統的な自然療法のパイオニアブランドです。
  3. フォーゲルのすべての製品は、天然植物の成分を体内へ運ぶ最も効果的な手法により、植物の収穫後24時間以内に処理されています。また厳選された有機の新鮮な植物のみを使用することで、高品質ティンクチャーを提供しています。
さらに、A.Vogelの製品は、栽培から収穫、出荷商品管理まで、徹底した厳しい管理体制を行い、すべての品質データを公開しています。
 
すべて、BIOスイス、AB有機ラベルの厳格なガイドラインのオーガニック品質基準に対応し、公的規制機関によって認定され、オーガニック農法により農薬や化学肥料を使わずに栽培されています。

A.Vogelの取り扱う野生植物は、独自の明確に定義された生息地(土壌、標高、気候など)に、何世紀にも渡って植物自体が選んだ場所、環境から直接採取することをモットーとしています。また、自然環境を保存するように収穫管理を行っています。




 

商品グループ

newsletter / ニュースレター・メルマガ /